image1.jpg

おすすめ情報

単独方法よりもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所と短所をそれぞれが補い合うことにより、ホワイトニングの時間短縮や歯の白さの安定に高い効果をもたらしています。まさに大切なことであります。プラスチックやセラミックの冠、あるいは金属の冠などは色の変化はありません。 前もって自分の口の中を把握しておいたほうが良いでしょう。ホワイトニングを行いますと、歯がしみたり、歯肉が傷んだりする場合があります。そこだけは我慢してください。

症状が現れましたらすぐに担当の歯科医師に相談するようにしてください。ホワイトニングを施した歯は、一生同じ色で維持できるわけではありません。後戻りがありますから、治療完了後も定期的に歯科医院に通う必要があります。タッチアップの費用は含まれているのか、含まれていなければ、どのくらいの費用になるのか確認しておきましょう。不安や心配があるようでしたら、そのクリニックで使用しているホワイトニング剤や機器についても、質問しておきましょう。聞くということがとても大切になってきます。
これがインフォームドコンセントになります。その状態でホワイトニングの施術が可能か否か、治療を済ませなければならないのか、歯科医に判断してもらいましょう。入れ歯や差し歯などの人工の歯、また詰め物などはホワイトニングでは白くすることができません。あくまでも自分の歯であることが前提となっています。簡単に言いますと、歯の色は元に戻ってしまいますから、継続的に歯科クリニックに通院して歯科医の指導を受けて、ホームホワイトニングなどをする必要があるということです。


ホワイトニングは、もちろん健康保険が利きません。だから高くなってきます。志に関係ないですからね。ホワイトニングは歯の治療ではありませんから、保険適用外になります。どうしても歯の白さの度合いには、個人差が生じるようです。費用の割には、自分で想像していたよりも白くならなかった、ということになることもあるでしょう。また、使用しているライトは、最新工学技術を駆使して紫外線や赤外線をカットしたもので、発熱がほとんどありませんから安心して施術を受けられます。 足立区美容室

中国の正月ってすごいんですね。

中国って歯医者さんってないんですね。
普通の病院の中に歯医者があるそうです。
ま、よく考えればそれも普通って気がしますけどね。
独立して歯医者がある必要ってあるのかな。

でも、何回か通うものなので、近所にあるほうがいいですよね。
それだと、独立してあったほうがいいのかな。


2007年2月23日、北京市内の各病院からの情報によると、中国正月の期間中に病院にかかった人のうち、胃腸などの病気を除けば歯の病気の人が最も多かったことが分かった。

中国では歯医者が独立していないため、一般の病院の中に歯科があり人々は病院を訪れて歯科の診察を受ける。中国リハビリテーションセンター付属博愛病院の歯科医によると、半日で25人もの患者を診察・治療したとのこと。一番多かったのは、骨付きの肉料理などを食べている最中に歯が欠けたり砕けたりした例だという。また、正月期間の食べ過ぎ・飲み過ぎによる歯周炎や歯髄炎も多く発生しているとのことだ。(編集・佐々木康弘)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000000-rcdc-cn

インプラントiciとは?

インプラントは、人口の歯を植えることです。髪の毛で言えば植毛みたいなものでしょう。

植毛と同じように1本からインプラントできるので、気軽にできます。

インプラントは入れ歯とはちがい、埋め込むので外れたりはしません。

ただいろいろな点で不安があると思います。

どの歯医者を選べばいいか。
どのくらいの費用がかかるのか。

インプラントはまずしっかり調べて、歯医者さんに何度も話を聴きに行きましょう。
費用は50万くらではないでしょうか。

しかし、これはもう治療の一部なのでしょうがないとも言えます。
このインプラントの治療技術は年々上がってきています。

安心できる歯医者さんに頼んでみましょう。

評判のいい歯医者 口コミランキング

オフィスホワイトニングをするならやはり、良い歯医者さんを選びたいものです。
とても面白いサイトを見つけました。

口コミ歯科・歯医者

この口コミや評判で歯医者さんを選ぶといいでしょう。

インプラントでも、ホワイトニング効果は出ますしね。

歯医者さんランキングも注目です。
やっぱり、治療費などは安いほうがいいし、技術ももちろんです。
痛くない虫歯治療も、最新技術によって可能にもなってきます。
ホワイトニングの料金も歯医者さんによって様々ですし。

ホワイトニングする前に、虫歯だってしっかり治しておきたいものです。
歯周病もすぐに対策をしないてお、あっという間に歳をとって、入れ歯生活なんてことも考えられます。

また、予防歯科の概念も取り入れている歯医者さんを見つけましょう。

いくら歯がしろくなっても、虫歯があったら台無しです。
まずは虫歯をなおして、その歯医者さんを気に入ったら、ホワイトニングしてもうらうとうのも手です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。