image1.jpg

中国の正月ってすごいんですね。

中国って歯医者さんってないんですね。
普通の病院の中に歯医者があるそうです。
ま、よく考えればそれも普通って気がしますけどね。
独立して歯医者がある必要ってあるのかな。

でも、何回か通うものなので、近所にあるほうがいいですよね。
それだと、独立してあったほうがいいのかな。


2007年2月23日、北京市内の各病院からの情報によると、中国正月の期間中に病院にかかった人のうち、胃腸などの病気を除けば歯の病気の人が最も多かったことが分かった。

中国では歯医者が独立していないため、一般の病院の中に歯科があり人々は病院を訪れて歯科の診察を受ける。中国リハビリテーションセンター付属博愛病院の歯科医によると、半日で25人もの患者を診察・治療したとのこと。一番多かったのは、骨付きの肉料理などを食べている最中に歯が欠けたり砕けたりした例だという。また、正月期間の食べ過ぎ・飲み過ぎによる歯周炎や歯髄炎も多く発生しているとのことだ。(編集・佐々木康弘)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000000-rcdc-cn
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ナノイリュージョンアクア
Excerpt: ナノイリュージョンアクア 金・銀・プラチナさらにパール入りの超高級歯磨き粉で真珠歯へ! 汚れを落とすだけでなく、より強い歯、より健やかな歯茎へと、育てるケアが必要。 歯の..
Weblog: Joyous
Tracked: 2007-03-12 13:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。